プリントTシャツはオリジナルの言葉をデザインするとかっこいい

サイトマップ

オリジナルTシャツ

プリントTシャツは生かすも殺すも自分次第

ピンクのTシャツ

プリントTシャツは老若男女だれでも着ることのできる最も手軽なファッションアイテムといってもいいのではないでしょうか。それゆえに、プリントTシャツは自分でデザインを選ぶのが難しいアイテムでもあります。生地の種類、色、柄を組み合わせると組み合わせは無限ですが、失敗しないように無難なデザインを選びがち。簡単な気持ちで無難なデザインTシャツを買ってしまうと街行く人と被ってしまうことは日常茶飯事で、特にボーダーなどの無難な柄を選ぶとその日被らないことのほうが難しい事態が起こってしまいます。
かといって、斬新なデザインを着こなすことは難しく、英文がデザインされたものを選ぶと思いもよらない意味のものを着用してしまう場合もありますし、被らないと思って自分が選んだものが子供や高齢の方と被ってしまった場合はなかなかのショックを受けてしまうと思います。
プリントTシャツを上手に着こなすには、ほかのファッションアイテムと組み合わせたり、着こなしを工夫することで自分らしく着こなせるのではないのでしょうか。例えば、シンプルな無地のTシャツを着用していてもボトムスにINするか、さらっと出して着るか、パンツに合わせるか、スカートに合わせるかでもかなり印象が違って見えます。その日の気分によって着こなしを選べるので、1枚で様々なファッションを楽しむことができます。気軽なファッションアイテムTシャツ、生かすも殺すもあなた次第なのです。

高校野球の応援団でプリントTシャツを利用

オリジナルプリントTシャツと言えば、部活動やサークル活動などの団体でそろえて着用することが多いと思います。私のオリジナルプリントTシャツの一番の思い出は、高校の時の野球の応援団の時にそろえたプリントTシャツです。カラーのTシャツで、全面左胸のあたりに校章、後ろの部分に○○高校応援団と書いてある、至ってシンプルなデザインです。応援の時は基本的に学ランを着ているので、中のTシャツは見えないのですが、私の高校の応援団の演技の一つとして、7回の味方の攻撃の時に学ランの上着を脱ぎ、気合を入れて応援をするという見どころがあり、スタンド全体も大きく湧きます。球場のスタンドで応援団全員が同じ色のTシャツで演技を行うのは周りから見ても非常に一体感があっていいと感じます。
私は高校3年間の間、応援団に入っていて、毎年Tシャツのカラーが変わるので、3種類の色の応援団Tシャツをそろえました。注文は毎年お世話になっている、専門の呉服店に頼んでいたので、値段は若干高めでしたが、素材は確かなものでした。今となっては2度と切ることができないくらい大切なものとしてクローゼットにしまってありますが、時々この3枚のTシャツを見ると、炎天下の中での応援団の活動を思い出します。

オリジナルTシャツのプリントに無料素材

今、新たなファッションアイテムとして大きな注目を浴びているのが、オリジナルプリントTシャツです。オリジナルプリントTシャツとは自分自身で絵柄をデザインしたプリントTシャツのことを指します。しかし、中には自分で絵が書けなかったり、デザインのセンスに自信がなかったりということで、オリジナルTシャツのサービスを利用することを諦めている方もいます。
ところが、オリジナルプリントTシャツのデザインは実は誰でもできるものです。デザインなどにあまり詳しくない人がTシャツのデザインをする場合、利用したいのは無料素材です。
しかし、ネット上の無料素材サービスは、ブログやウェブサイトで使うには自由ですが、Tシャツのデザインなどには使っていいところと、使ってはいけないサイトがあったりします。そのため、こういうサービスで無料素材を使う場合、ちゃんと利用規約を確認しないといけません。
そこで、そういったサービスよりも、一番便利で安心して利用できる無料素材といえるのが、オリジナルTシャツのショップが提供しているものです。今では、ほとんどのオリジナルTシャツショップがある程度の無料素材を提供してくれていますから、これを利用すれば、デザインのことで頭を悩ませる必要もなく、簡単に自分独自のオリジナルTシャツを作ることができます。

最近では1枚からのオリジナルTシャツ作成依頼も出来ます

少し前まではオリジナルTシャツ作成依頼を業者にする場合、数百枚、数千枚単位での発注が必要でした。プロのデザイナーや服屋などでしたらそれでも良いのかも知れませんが、素人が手を出すにはちょっと勇気がいる数字ですよね。発注数が多くなればなるほど大金が必要になりますし、気軽にオリジナルTシャツを作るという事は出来ませんでした。 それが最近では1枚からの作成依頼も出来るようになっています。その理由として大きいのは、インクジェットでのプリントが多くなってきたからです。業者のオリジナルTシャツと言えばシルクスクリーンというのがほとんどでしたが、それがインクジェットのような型のいらないプリント方法が増えてきた為に1枚からでもプリントしてもらえるようになりました。 1枚であれば自宅で自分でプリント出来ると思う人も多いでしょうが、家庭用プリンターと業務用プリンターでは出来上がりが全く違いますし、プリント部分の耐久性が全く違います。ですので、自宅にプリンターを持っていたとしても、業者に依頼する意味は十分にあると言えます。さすがにシルクスクリーンほどの質の高さはありませんが、普通に着ている分には十分なクオリティーですので、興味がありましたら気軽に依頼してみて下さい。


種類は豊富なプリントTシャツが取り揃えてある、プリズマはご存知ですか?ラバープリントや転写プリントなど様々な手法のプリント形式があります!最新の機材をしているので、綺麗にTシャツにプリントが可能ですので、ぜひご注文してみましょう!

トピックス

  • 2017年07月07日

    昇華プリントTシャツとは

    オリジナルTシャツを製作する方法のひとつに、「昇華プリント」というものがあります。 キャラクターやロゴなどをプリントするには、他に「カッティング圧着プリント」という…

    more ▶

  • 2017年07月07日

    プリントTシャツの着心地が大好きです

    Tシャツは、着心地がとてもよく、日常に、ちょっとおしゃれに、外せないアイテムです。 とくに「オリジナルTシャツ」は、色が豊富で、どれにしようかと迷ってしまいます。し…

    more ▶

  • 2017年07月07日

    言葉をデザインしたプリントTシャツ

    夏のファッションアイテムといえば、真っ先に思い浮かべるのがTシャツですね。若い人は有名ブランドの定番のものを着こなして、よく街中を歩いていますし、スーパーなどでも近…

    more ▶

メニュー

TOP